本場中国の食べるラー油 老干媽 香辣脆油辣椒

夏、暑いです。外はもう、日傘なしでは5分も歩けないFIG( )です
BBQとか、ビアガーデンとか夏の飲みシチュエーションはいっぱいあるわけですが、結局最終的に暑いから家でよくね?ってなるわけですよ。そこで困るのがおつまみ。

学生だったら、「チーズ鱈とピザポテト買ってこ」で済むけど大人になるとそうは行かない。
酒飲める女子だったらおつまみくらい作れるのが当然みたいな風潮がすごい。インスタを基準に考えちゃダメですよ。

まあ、作れるんですけどね。老干媽さえあれば。

本場中国の食べるラー油 老干媽 香辣脆油辣椒


☆【老干媽 香辣脆油辣椒(シャンラーツイユラージャオ)】210g (ワレモノ商品)玉ねぎラー油耀盛號(ようせいごう・ヨウセイゴウ)

食べるラー油とか今更感あるけど、日本で流行ったのとは若干違う気がする。
具の部分を食べてみると結構辛い。そして若干の塩味と花椒の香りと痺れがくる。
日本の食べるラー油よりにんにくは控えめ、と言うより他の香辛料や香味野菜の香りがにんにくに負けてない。

原材料見たらそもそもにんにく入ってなかった。(´・ω・`)

温玉にかけてみたり

茹でたもやしとか、醤油とこのラー油で和えてつくりおきしておけばいつでも飲めます。
友達とか家に呼んだとき、豆腐とかにかけて「とりあえずこれ食べてて~」って言えるわけですよ。
突然行って付き出しが出せるって、それだけでもかなりレベル高い感じしません?

ぶっちゃけ作れんの焼きそばとかチャーハンだけって人も、これ入れるだけで本格的になる。
あと「本場の調味料使ってます。わかっちゃうんですよね、違いが」みたいな感じがすごい。
そんな「かわいい」とか「おしゃれ」なインスタ映えに飽きた人にもオススメ。

え、マジで?って言われちゃうけど、冷凍のカルボナーラスパにちょい足しするとすんごいハイボール進む
チャーシューと一緒に乗っけたらご飯めっちゃすすむ。

もうなんでもいい、老干媽 最高。

10本入り買ったけど、もう半分使い切ったしね。

せっかくだから、「これ食べ」できるオススメの作りおきレシピ載せとくんで夏のお供に。

たけのこ水煮:150g(固形量)
オイスターソース:小さじ2
中華だし:少々
ラー油:お好みで

水洗いしたたけのこ水煮を、熱湯で1分ほど湯通ししてザルにあげる
たけのこの水気をよく切り、オイスターソース、中華だしで味をつける
ラー油で和える。

レシピというほどでもないね!ただしラー油を先に入れてしまうと味が乗りにくいので先に味付けしてね!

他のお取り寄せ紹介はこちら