突撃レポート! わかやま夜市

まだ夕立の降る日が続いているけど、夕暮れはずいぶんと秋らしくなってきました。
せっかくなのでお祭り気分で前々から気になっていたわかやま夜市に行くことに。

ただこのわかやま夜市、調べてみても事前情報がポスター一枚分しか出てこない。どうやら初めて開催するイベントだったようで、実際行ってみても予想以上の人が押し寄せて売り切れや時間待ちが出る状況でした。ですが、個人的には雰囲気が出ており、また来年でも半年後でも開催してほしいと思えるものでした。

今回は写真多めです、行けなかった方もや行ったけど断念してしまった方、この記事でわかやま夜市を楽しんでくださいね!

夜市 景色

会場はどこかレトロな雰囲気があふれる商店街、七曲市場。日本語で書かれている看板なのに赤い提灯とエキゾチックな香りでどこかあやしい景色に見えてくる。3時前ですでに人であふれ、開始時にはもう満員でした。なんというか、暑い!道が狭い分人口密度が上がっているせいか、じっとりとした暑さが漂っていましたー・・・・。

本場の夜市もあんな感じなのかしら。

夜市 飲み物

そしてやっぱり売ってるアップルサイダー(笑)氷水に入っているとすごく涼しげでおいしそう。隣のマンゴービール、マンゴーとビールって合うのかね。

もちろん、普通のビールも売っていましたし、違う店では和歌山の名産、梅を使ったジュースや梅酒、地酒、カクテルなど料理より酒の方が多いんちゃうんかというくらい種類豊富にありました。
                                                               

                      

夜市 豚

                                
ファッションセンスがすごい豚の頭。めっちゃ笑ってる、ちょっと怖い。
コロッケと焼豚まんを売っていたお肉屋さんの隣に飾られていたんだけど、わざわざ豚の頭取り寄せたんかな・・・
               
いがいと大きい、豚のかお。
    
夜市 ビール
【PR】

     
     
一通り見終わったら、ここからが本番!というわけでまずは台湾ビールから。
前回のアジアフェアのチャーンビールもそうだったけど、とっても軽い。暑い国のビールはドライな味が多いのかね。コロナみたいな飲みやすさ、そしてみどりのビンも多い気がする。
                           
夜市の蒸し暑さのせいかつまみを買う前に一気のみしてしまった、本当に暑い。
ああでも食前酒も飲んで、漂ういい香りにお腹も減ってきた・・・。
さて、台湾らしいものでも食べようか。

夜市 台湾まぜそば

せいろに入った小龍包も捨てがたいけど、すでに長者の列ができており断念。
中国酒家くぅくぅの台湾まぜそば、名古屋発祥ではあるけど香りはとってもアジアン。
お好みでかけるラー油がコクがあってとってもおいしい。
味は、麺だけどつまみになるくらい濃い味です。

んでもってやっぱり熱い!空気が暑い!料理も熱い!でもそれがうまい!
ビール(2杯目)が滅茶苦茶すすみました。

                   
飲み過ぎ、脱水防止にお茶や梅ジュースのみつつ、イベント会場の太鼓をぼんやりと夜市を味わう。とっても楽しい。                 

ただ一ついうなら、夜市をテーマにしている割には台湾メニューが少ないというのが正直な感想。
前例がないイベントだけに、出店が集まらなかったうえに来た人が多すぎたというのが現実なんだろうけど、店舗がもう少し多かったらお客さんも分断されて売りきれ続出ということもなかったのでは、と思う。
準備は大変だとは思うけど、参加した側としてはとても楽しかったのでぜひ第二回も開催してほしい。


 
夜市 つーろー

こちらが早々に売り切れたルーロー飯、わかりやすく一言でいうと   
 
ごはんに角煮の煮汁と煮たまご、高菜を乗っけた丼、汁だく。
  
細切れになった豚肉はとろけて濃厚な味がする。そして甘辛い煮汁と塩辛い高菜が意外とマッチしてうまい!好みとしてはもう少し汁が少なくてもいいかも。

ところで、ルーローって何?
    

夜市 最後
 
人口密度はすごかったけど、エキゾチックな雰囲気はとても楽しかったです。
店舗数、会場の狭さや暑さなど課題はたくさんあると思いますが、もし次があるならぜひ参加したい、そう思えるイベントでありました。
運営の方、大変お疲れ様でした。